クレジットカードでもキャッシングは可能?

みなさんは、ご自身のクレジットカードの「キャッシング枠」に注目されたことはありますか? 実は、現在のクレジットカードには、高確率でこのキャッシング枠が付帯しているのです。もしそのカードにキャッシング枠があれば、ATMなどからいつでもお金を借りることができます。

おそらくはそのカードを作るときに、お金を借りられるようにするかどうかを設定し、申請をしたと思いますが、それがわからないという方も大丈夫。コンビニでもどこでもいいので、ATMにそのクレジットカードを入れてみてください。そうすると、「入金(返済)」か「出金(借入)」かを選ぶ画面が出てくると思います。あとはその画面の指示に従って、出金の項目から、借り入れたい額を入力すれば、まるでキャッシュカードで預金を引き下ろしたかのようにお金が出てきます。つまりそのカードはキャッシング可能であったわけです。

もし「ご利用できません」などといったメッセージが出たら、そのカードにはキャッシング枠がついていないか、そのATMが、そのクレジット会社と提携していなかったかのどちらかです。別チェーンのコンビニや、銀行のATMなどでも一度試してみるといでしょう。今では学生やフリーターの人のカードでも、少額ながらキャッシングができるようになっていることが多いので、おそらく借りることは可能だと思いますよ。

上限があることに注意!

ただし、クレジットカードであれローンカードであれ、借入の額には上限があります。特にクレジットカードの場合は、買い物をするのにも使えるのですから、キャッシング枠は少額になっている可能性が高いです。突然10万円を用意しなければいけなくなった、でもキャッシング枠は5万円しかない。そういうことにならないよう、キャッシング枠の有無をカード申請の際に確認しておくのはもちろん、その上限額をできるだけ高くしておく、クレジットカードは何枚か持っておくというのが大事ですね。

クレジット払いとキャッシングの違いは?

クレジットとキャッシングの違いは、現金を得られるかどうかにあります。クレジットカードは、お店の人にそれを提示して、支払いをします。クレジットの使えない店では、利用することができません。

キャッシングの場合は、現金が手に入るのですから、どんなものの支払いにも利用することが可能です。たとえば家賃を払うのにキャッシングを使う、といった仕方もできるんですね。しかし両者の違いはその一点のみで、同じカードであれば、クレジットもキャッシングも、利息や返済方式は同一であることがほとんどです。用途に合わせて使っていけばいいと思いますね。